【eBay輸出】安いのはどこ?2020年版オススメ発送代行業者4選を徹底比較!

こんにちは!ゆうき(Twitter/@freebizlife) です。

 

発送をする時間が全然ないの。
無在庫にオススメの発送代行会社を教えて?

 

商品の出品をして売れたら梱包をして発送をする。たったこの一連の作業の流れでも一人でこなすのは結構大変です。僕もそうでしたがeBay輸出の作業は全て一人で抱え込んでいて本業との両立で自由な時間は一切ありませんでした。

 

そこで今回は発送業務を手離れするために現役輸出プレイヤーであるゆうきがオススメの発送代行会社を紹介していきます。

 

この記事を読むことで具体的には下記のメリットがあります。

この記事で得られるメリット一覧
  • 発送の外注化方法を知ることができます。
  • 無在庫で利用できる発送代行会社を利用することができます。
  • 発送を手離れして時間的余裕を得ることができます。

 

外注化できる作業は出品や顧客対応など色々とありますが、一番外注するべき作業は間違いなく発送業務です。

 

発送は緊急性が高いため1日の作業時間の多くを消費することが多くリサーチの時間を容赦なく奪っていきます。いくら梱包を丁寧にしたところでそれ自体が利益を生む要因にはならないので早めに外注するといいですよ。

 

そこで比較的すぐ外注する方法として無在庫でも利用できる発送代行会社を紹介しますので、是非参考にしていただければと思います!

発送業務を外注化とは?

発送の外注化とは会社や個人に発送作業自体を委託することです。

具体的には発送業務を外注化するには2つの方法があります。

  1. 発送代行業者を使う
  2. 自前で個人の方と契約する

2つの選択肢のうち、最も手軽に出来るのが1番の発送代行業者を使うことです。

最終的にはクラウドソーシングサイトで個人の方と契約するのが一番だと思いますが、教育に少し時間がかかるので明日から発送手離れ!というわけには中々いきません。

 

だからまずは、発送代行業者を使って発送を手離れするべきです。

冒頭でも述べたように昔の僕は全ての業務を自分でやっていました。特に発送についてはかなりの時間を消費しており、大体1つ梱包してラベル印刷まで完了するのに20分はかかっていました。

 

今考えると本当に効率悪いですけど、当時は人に任せるって発想がそもそもなかったんですよね…。

1日10個発送する場合は単純計算で20分 x 10個で200分の作業時間が必要になり、いくら時間があっても足りません。だからまずは手軽に外注化できる発送代行業者を使って発送は全て業者にお願いした方が良いです。

たったそれだけで嘘のように毎日の作業時間に余裕が生まれますよ!

 

ではまず発送代行業者を使うメリットとデメリットを解説します。

発送代行業者を使うメリットとデメリット

発送代行会社とは、自分の代わりに企業が発送を請け負ってくれる物流サービスのことです。

それではどんなメリットとデメリットがあるのかを見ていきましょう。

発送代行業者のメリット

まずはメリットから解説します。

  • 明日からでも発送が手離れできる
  • 発送の質が安定している
  • 盗難や誤配送を減少できる

上記の中でもすぐに発送を任せられる点が最大の魅力です。

個人外注に必要な発送指示の教育などは不要ですので、登録と使い方さえ分かればすぐに使い始めることができます。

 

会社に荷物を預けるので、梱包資材も豊富にありますし梱包方法も安心して任せることができます。また、荷物が盗まれたり指定された発送先を間違えたりする様な心配もないのは嬉しいポイントですね。

 

それではデメリットを解説します。

発送代行業者のデメリット

下記がデメリット一覧になります。

  • 発送コストが高い
  • 対応時間の制限がある
  • サービスプランが限られる

 

どうしても企業に依頼する分個人外注よりも発送料金は高くなりますし、土日祝は発送対応をしてくれない代行業者がほとんどで融通がきかないことが多いです。

会社によっては発送方法や同梱といった指示にも制限があるので、料金面とサービス内容に対してやや不満がでます。

ただし、これらのデメリットを考慮しても自分で発送をするよりは断然マシなのでお金で時間を買う感覚を覚えて、発送の単純作業は早期に手離れしていきたいとこですね!

 

次に発送代行会社を選ぶ基準を3つのポイントにまとめてみました。

発送代行会社を選ぶ3つのポイント

代行会社を選ぶ際には以下の3つのポイントを意識すれば大丈夫です。

発送料金は安いか
無在庫販売にも対応可能か
自由度が高いか

発送の質はどこの業者も大差はないと思うので、料金面やサービス内容の自由度が高い業者を選ぶことをオススメします。そして当然ですが、無在庫販売での対応をしてくれるかどうかも大切ですね。

 

それでは具体的に無在庫でも利用ができる発送代行業者4社を紹介しますので、サービス内容や料金形態なども参考にしていただき自分に合った会社を選んでいきましょう。

オススメ発送代行業者4社の徹底比較!

無在庫販売でもしっかり利用できる発送代行業者4社の紹介です。

エフェクト

エフェクト

 

【料金】月額0円

1商品あたりの発送手数料 /
・標準 250円 (5kg以内、合計90cm以内)
・大型 360円 (15kg以内、合計180cm以内)
・エクストラサイズ 500円 (大型以上の日本郵便サイズ

特徴
小型包装物の発送料金割安
国際郵便マイページと連携
同梱手数料が無料
おそらくかなり利用されている代行会社ではないかと思います。
月額料金0円で標準サイズでの発送料金が250円で安いです。以前は標準サイズ180円という破格の値段でしたが、輸送費の関係で値上がりしたのは少し残念。
商品写真の撮影やサンキューレターの同封などもオプション料金で可能で、倉庫の空きがあれば在庫保管もできます。
支払いは法人以外の場合、発送都度のお支払いになります。

黒船物流

黒船物流

【料金】月額2980円
1商品あたりの発送手数料 / 一律300円

特徴
発送料はまとめて後払い可能
EMS以上の大型商品も対応
EMSサイズまでの発送費は一律300円
月額料金はかかりますが、発送費は一律300円となります。特にEMS発送が多い場合は割安になります。
また、1ヶ月分の発送手数料を翌月にまとめて支払いできる点は有り難いです。
EMS以上の大きなサイズ発送にも対応しているので、もしもの時に助かりますね。
現在ホームページの会員登録からは登録できないので、登録の際は電話をして利用可能か聞いてください。

AELINE

AELINE

【料金】月額0円
1商品あたりの発送手数料 / 一律300円

特徴
月額利用料0円
小型包装物にお得なPメールの発送方法
顧客対応サポートや消費財還付セミナーなどのサポート特典有り
発送料はまとめて後払い可能
月額料金0円で発送料金は一律300円になります。黒船物流に似た料金体系ですが、月額費無料はかなりお得です。
小型発送物に関してはPメールでの発送が可能なので料金は通常よりも安くなります。
サポート内容も豊富でアフターケアもしっかりとしているので安心ですね。大型商品の発送はできませんが、EMSサイズまでの発送なら料金的にかなり安く済みます。

バゲッジフォワードコム

バゲッジフォワードコム

【料金】月額0円
1商品あたりの発送手数料 / 重量ごとの料金体系
特徴
超大型商品も発送可能
365日発送対応して貰える
DHLやUPSと契約しているので、超大型商品の発送ができます。自動車やコンテナなどの輸送も可能なそうですw
4社のうち年中無休で発送対応して貰えるのはバゲッジフォワードコムのみです。
発送料金は重量ごとになりますが、他社と比較しても超割高なので大型商品発送に特化した業者の印象です。
以上が代行会社4社の紹介となります。

発送代行会社4社の比較表

4社の詳しい比較を表にまとめたのでご覧ください。
エフェクト 黒船物流 AELINE バゲッジフォワードコム

発送手数料

(月額料金 /
一つあたりの発送手数料)

   月額料金0円 /

・標準 250円
・大型 360円
・エクストラ500円

月額2980円 /

一律300円

月額料金0円 /

一律300円

月額料金0円 /

重量ごと

サイズ

EMSサイズまで対応

・標準
(5kg以内、合計90cm以内)

・大型
(15kg以内、合計180cm以内)

・エクストラサイズ
(大型以上のサイズ)

EMSサイズ以上にも対応

EMS以上の大型サイズは発送料金別途請求

EMSサイズまで対応

全サイズ対応

コンテナや自動車もOK

大型商品の運送会社 X UPS X ・DHL
・UPS
同梱料金 無料 300円〜 108円〜 750円〜
在庫保管 X
返品対応 不明
休日 土日 土日 土日 無休
支払い方法 ・PAYPAL
・クレジット
・銀行振込 

 

後払いは法人のみ。審査必要

・PAYPAL
・銀行振込
 

 

月額費は前払い
発送費は後払い

・PAYPAL
・銀行振込

発送費は後払い
・PAYPAL
・クレジット
・銀行振込
それぞれの会社のサービスなどは大体把握できたと思いますが、ここからは結局どの会社がオススメなのかを個人的観測でランキング付けしていきたいと思います。

どこの代行会社を選べば良いのか?

4社を比較してお分かりいただける通りサービス内容や料金は会社ごとによって異なりますが、僕がオススメする代行会社のランキングはこんな感じです。

安心の料金体系と豊富なサービス
他者に比べて全体的な発送料金が一番安いです。EMSはもちろん小型包装物でもPメールで発送すれば発送費自体が抑えられてお得です。
サポートサービスが充実していたり、料金をまとめて後払いできる点も良く、4社の中で一番低コストでの利用ができます。初心者には特にオススメのサービスです。
万が一の大型商品の発送には最適
EMSと大型商品の発送に最適。EMSの発送が多ければお得で、それ以上の大型サイズにも対応できる点はもしもの時に安心。一律料金は300円ですが、月額費が発生する分料金は高いので特にAELINEと比較して料金のメリットはなし。
小型包装物の手数料は割安
小型包装物の発送が多ければ1件250円と他社と比較して割安です。しかしPメールでの発送もできないため、AELINEと比較すると結果的に発送料金は高くなるためメリットはないです。
同梱手数料無料や写真撮影などのサービスは嬉しいですが、個人の場合支払いを発送の都度しなければいけないのが本当に面倒です。
超大型商品の発送は可能
料金体系はとても高いので、基本的に使用する必要はないです。
家具や大型家電製品といったDHLやUPSでの発送しかできない場合には、試しに使用してみてもいいかもしれません。詳しい発送費についてはサイトでご確認ください。
4社の中で唯一365日発送対応ができるので、どうしても休日に発送をお願いしたい場合は助かります。
以上のような結果ですが、結論としては料金とサポート内容の充実したAELINEを使用すれば問題ないですね。

最終的には発送外注の契約がオススメ

ここまで発送代行会社の紹介をしてきましたが、最終的には個人で発送外注の契約をするのが一番良いと思います。

個人の外注さんであれば発送費や細かい発送内容の指示ができるのでオススメです。

 

現在僕が契約している方は1件発送 / 梱包費込みで150円でお願いしています。また、調査請求書の発行やラベル管理や売上管理表の追跡番号入力などかなり細かいところまで作業してくれているので本当に助かります。

外注化までの流れ
  1. 自分で発送を経験して一通りの流れを把握する
  2. 発送代行会社に発送を任せる
  3. 利益が安定してきたら自前で外注契約をして発送を任せる

ザックリですがこの流れでいけば発送に関しては完全に手離れできるでしょう。

 

いきなり個人の外注の方と契約しても全然問題はありませんが、最初に自分で発送経験をして教育できるレベルになってからお願いをするのが良いと思います。

個人外注の指示方法
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
日頃eBayで売れた商品はGoogleスプレッドシートで売上管理シートとして記載していくのが良いです。そのシートを個人外注の方と共有しておけば商品の確認や発送方法などの指示が問題なくできます。

 

それではまとめに入りたいと思います。

まとめ

長くなりましたが、今回は発送代行業者4社の紹介をさせていただきました。
発送業務は最も時間がかかるからこそなるべく早い段階で外注できると利益を上げるリサーチ作業に多くの時間を使うことができます。
1日の限られた時間をどうやって最大化していくのかで今後の利益が大分変わっていきますので、重い腰を上げて取り掛かってみると良いと思いますよ。
eBayは無在庫であれば作業のほとんどを外注できますので、仕組み化によって稼げる収入の柱を構築していきましょう!
外注化全体はこちらの記事で合わせてご確認ください。

最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

何か不明点やご相談があれば、LINE@もしくはお問い合わせよりご連絡ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さらに今ならLINE@の登録で無料サポートもついた3大プレゼントを取得できますので、良ければ登録をよろしくお願い致します。

おすすめの記事