薄利多売より暴利多売

こんにちは!ゆうき(Twitter/@freebizlife) です。

 

商品を沢山売ったのに利益が思ったより少ない…。
作業量が多くて業務の継続が大変だよ。

 

販売数ばかり増えて中々利益が上がらない経験をしたことはないでしょうか?

そこで今回は副業なら薄利多売よりも暴利多売が良い理由を、現役輸出プレイヤーであるゆうきが解説していきます。

 

この記事を読むことで具体的には下記のメリットがあります。

この記事で得られるメリット一覧
  • 暴利多売が副業には最適な理由が分かります。
  • どんな商品が暴利価格で売れるかを知ることができます。
  • 暴利多売の販売戦略を理解できます。

 

ちなみに僕のビジネス仲間でも薄利多売で頑張っている方がいますが、一日の発送数が100〜200個と多い反面、利益率が10%前後とあまり良くないですね...。

 

副業でこの数を販売するには発送外注化をしていないと過酷ですし、販売数が多ければそれに比例してトラブルも増えて余分なストレスがかかります。

 

暴利多売の販売では1日に数個の発送でも利益率が高いので効率よく稼げる傾向にありますよ。いかに少ない販売個数で大きな利益を獲得するかが副業では大事なキャッシュポイントかと思います。

 

そんな副業セラーの強い味方といえる暴利多売のメリットや販売に対する考え方をお伝えしていこうと思います。

サクッと読み進めていけますので是非最後までご一読をよろしくお願いします!

薄利多売より暴利多売が良い3つの理由

  1. 圧倒的に少ない作業量
  2. 商品が暴利でも売れる理由
  3. 副業なら暴利多売の販売戦略

暴利多売をおすすめする理由を、これら3つのポイントに分けましたので順番に解説していきますね!

圧倒的に少ない作業量

一日の作業時間が限られた副業の方は、より限られた時間で利益を上げる必要があります。

少ない利益でいかに数多く販売する薄利多売に対して、暴利多売は一つの販売で高利益を稼ぐことを可能にします。

 

例えばですが、2万円の利益を稼ぐのに

  • 1つ1000円利益の商品を20個販売するのが薄利多売
  • 1つ5000円利益の商品を4個販売するのが暴利多売

    といった感じです。

    販売個数が少なければ仕入れや発送といった作業が減って業務が凄く楽になりますよね。

     

    つまり暴利多売は、レバレッジがめちゃめちゃいいです!

     

    実際に僕の場合、販売個数が平均30個ほどで月利70〜80万を稼いでいました。

    当時のアカウントでは販売単価1000$以上の商品が多かったということもありますが、単純に販売単価を半分にしても利益率が高ければ稼ぎやすいです。

     

    現在は発送・顧客対応・仕入れ・出品などの業務を全て仕組み化しているので、1日1時間の作業時間で日々の業務を完結することもできていますよ。

     

    どうせ同じ金額を稼ぐのなら極力数少なく作業効率がいい方を選びたいですよね!

     

    しかし、「そんなに簡単に高利益を稼げるわけがない!」と疑問に感じる方もいるかと思いますので、商品が暴利でも売れる理由について解説します。

    商品が暴利価格でも売れる理由とは?

    暴利で商品を販売するべきとは言いましたが、どんな商品でも暴利で売れていくことは当然ありません。

    1000円の相場がある商品を2倍の2000円で販売しても売れないように、暴利で売るなら相場感が比較的ないような商品や価値の高い商品を販売する必要があります。

     

    じゃあどんな商品が暴利で売れるの?

    ズバリ言うと、フリマサイトにある様な一点物商品や、付加価値の高い限定商品などです。

     

    論より証拠で具体的な商品例を紹介していきます!

    昔の一点物

    eBayのSOLDが.....

     

    メルカリ仕入れで...

    送料と手数料を差し引いても約15000円の利益!(利益率45%)

    こういう当時物の一点物は特定のコレクターにウケがいいので販売額が高くても購入してくれるバイヤーは多いですね。

    一点物 x 限定物

    eBayのSOLDが.....

     

    またまたメルカリ仕入れで....

    EMS発送でも約45000円の利益!(利益率63%)

    ポケモンは海外でも需要が高いので売れやすく、それにプラスして明治乳牛限定の当選品のため商品価値が高いです。

    こちらを10個販売しただけで利益45万って驚異的じゃないですか!

     

    今回紹介した商品はほんの一例ですがまさに暴利価格で販売していますよね。

    こういった一点物や限定品は仕入れや在庫管理もしづらいので皆さんが手を出さずにライバルが少ないのが特徴です。

     

    つまりライバルが少なければ相場が出来にくいので価格競争が起きず、ある程度なら俺様価格でも売ることができますよ。

    副業なら暴利多売の販売戦略

    販売戦略においても、薄利多売は副業の方に向いていません。

     

    薄利多売が向いているのは

    • 資金力のある方
    • 時間の余裕がある方
    • 商品をとことん安く仕入れることができる方

    ざっとこんな感じでしょうか。

     

    要するに専業の方や店舗販売の様な比較的力のある販売者ですね。

     

    そういった方々を市場の強者と例えるなら副業で販売しているセラーは弱者になるので、副業の方である個人は強者と同じ土俵で戦うことが自体が間違っています。

    弱者が強者に勝つには正しい販売戦略が必要です。

     

    弱者は最低価格を争う様な価格競争をするのではなく、先ほど述べたような一点物や限定品などを中心に商品価値を提供してライバルがより少ない市場で戦うことを意識しましょう!

     

    例えばリサーチが上手いだけでも強者に太刀打ちできる大きな武器になりますよ。

    まとめ

     

    いかがでしたでしょうか?

     

    作業時間に限りがある副業の方は、できるだけレバレッジの効いた暴利多売で販売していく必要があります。薄利多売が悪いということはありませんが、1商品あたりの利益率を上げることはビジネスにおいても重要な考え方ですよね!

     

    販売戦略についてもしっかり意識して、ライバルが少ない需要のある一点物などを多く出品していきましょう。

    ゆうき
    是非ご参考に!


    最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
    何か不明点やご相談があれば、LINE@もしくはお問い合わせよりご連絡ください。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    さらに今ならLINE@の登録で無料サポートもついた3大プレゼントを取得できますので、良ければ登録をよろしくお願い致します。
    おすすめの記事