【eBay輸出】発送した商品が破損!補償は?手順は?ダメージレポートの正しい対応方法を解説

こんにちは!ゆうき(Twitter/@freebizlife) です。

 

セラー
先日発送した商品でバイヤーからクレームがきました。
なんと商品が破損していたようです、どうすればいいのでしょう…。

 

こういったトラブルは本当に焦りますよね!僕も初めての時はテンパりましたし…。

そこで今回はトラブル経験も豊富な現役輸出プレイヤーであるゆうきが、商品破損時の正しい対応方法について解説していきますよ。

 

この記事を読むことで具体的には下記のメリットがあります。

この記事で得られるメリット一覧
  • 発送した商品の破損による補償内容を知ることができます。
  • 具体的な補償を受け取るまでの手順を理解できます。
  • バイヤーへの返金のタイミングが分かります。

 

結論から言うと、発送後の商品が破損した場合には、

 

ダメージレポートを提出すれば商品の補償が貰えます。

 

実際には色々と条件などがありますが、郵送事故での破損として証明ができれば大赤字になることはありません。

僕も今まで何度か商品破損のトラブルになったことがあるのですが、そのうちのほとんどは補償されて返金されました。

 

破損は誰もが経験するトラブルなので、本記事で破損時の正しい対応についてを覚えていきましょう!

eBayで送った商品が破損!補償は出るの?

まず商品が破損してしまったからといって、バイヤーにすぐに全額返金をしてはいけません!

全額返金を先にするとこれから説明する補償が受けれない可能性大です!絶対にやめてください。

 

破損してしまった原因については自分の梱包が甘かったのか、配達員の扱いが酷かったのかの理由はあれど輸送中の郵便事故として処理する方向で進めていきます。

輸送中の郵便事故として証明することができれば補償分の金額が後日返金されますので、まずバイヤーに送った発送方法を確認しましょう。

発送方法と補償金額
  • EMS ……… 2万円まで無料、追加の保険料で最高200万円まで補償
  • eパケット……… 6千円までの補償

補償を受けれるのは補償付きの発送方法で送った場合のみですので注意してください。

発送方法としては補償付きのEMSかeパケットになってきますが、実際に返金される補償額は商品の発送ラベルに記載した内容品の価格となります。

 

例えば、EMSは無料で2万円までの補償がつきますが内容品の価格を5000円で発送しているなら5000円までの補償しかつきません。

なのでアンダーバリューを受け入れて実際の販売価格よりも安く記入して発送をしていると、もしもの時に大損をするといったことになりますね!

ゆうき
アンダーバリューは受けれずに
正式な販売価格を記載することをオススメします。

 

それでは補償を受けるための具体的な手順についてを解説していきます。

ダメージレポートの正しい対応方法を解説

郵送事故による損害賠償を受けるためには、セラーとバイヤーの両方で事実証明の書類を提出する必要があります。両者の書類の提出が完了して問題がなければ内容品額分の補償がおりるということですね。

手続きは結構面倒ですが、これをしないとお金はもどってこないので必死でやりましょう!

セラーが提出する書類

セラーは発送をした差出し局の管轄の郵便局に対して、破損理由で調査請求書を提出する必要があります。

(EMSの場合のみ用紙が違うので注意)

 

請求用紙は以下の日本郵便のサイトからダウンロードできます。

EMSの場合 : http://www.post.japanpost.jp/int/question/138.html

EMS以外の場合 : http://www.post.japanpost.jp/int/question/18.html

 

書類を書き終わったら本人確認ができる身分証と送り状の控えを持って管轄の郵便局に提出をします。

Point

補償の流れをスムーズにするためにも、発送前の梱包状況が分かる写真やバイヤーから届いた商品の破損状況の写真を一緒に差し出すと良いです。
では次にバイヤー側がやる処理について説明します。

バイヤーが提出する書類

バイヤーは地元の郵便局に破損した商品(外箱も一緒)とダメージレポートを提出する必要があります。

ダメージレポートは現地の郵便局の窓口で貰えることになっていますが、USPSなら下記サイトからも事前に用紙をダウンロードできます。

USPSのダメージレポート

Point

バイヤーがダメージレポートを提出したら、控えの写真をメッセージで添付してもらうと良いです。
証明があれば手続きも迅速に進むので、忘れずに伝えておきましょう。

 

以上で両者の書類が提出できれば、郵便局から賠償金申請の書類が送られてきますので必要事項を記入して返送します。これによって無事に手続きが終われば差出人に補償がおりますよ!

ゆうき
保険金がおりるまでは1週間〜3週間くらいですね。
ただ、問題はバイヤーがダメージレポートを提出してくれない時です。
僕の経験上「ダメージレポートって何?あなたの問題だから私は関係ない!」って怒ってくるバイヤーがいました。
その場合の対処法をみていきましょう!

バイヤーがダメージレポートを提出してくれない対処法(例文付き)

ダメージレポートの提出に全然協力してくれないバイヤーも中にはいるわけです。
こういったバイヤーは早く返金を受け取りたいために嘘で提出が終わったと言ってくる可能性も…。

ゆうき
でもそれじゃ困る!!!

なのでバイヤーには確実に書類を提出して貰わないといけません。

そこでいつも僕はダメージレポートの提出をお願いする際に、レシートや発行番号の画像をメールで送ってくれたら返金しますという条件にしています。

例文を用意したので是非ご活用ください。

Hello.
Thank you for purchasing on the other day.

I packed securely, but I regret to hear that it happended like this.
I apologize for this matter.

This matter was happened while it was shipping, I will use insurance for this.
In order to do this, may I kindly request you to go to the nearest post office with the item to submit the damage report.
In order them to know the exact condition of the item, please bring the box as well.

When you finish submit the damage report, please send me the number of report and photo.
I can't refund you without photo.

After I get the photo and numbet from you,I will got to the post office and check about this matter.

Hope to hear from you soon.

Thank you very much and best regards.

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんにちは。

先日は購入ありがとうございました。

梱包は慎重に行いましたが、この様なことになってしまって残念です。
ご迷惑をお掛けしまして申し訳ございません。

また、これは郵送事故になりますので郵便保険を使用します。

賠償を行うためにあなたはこの商品を最寄りの郵便局に持っていきダメージレポートを提出する必要があります。ご協力をお願いします。
商品は状況を知るためにも外箱も一緒に持参してください。

提出が完了したら必ずダメージレポートの領収番号とその画像を私に送ってください。
その画像がないと返金ができませんので必ず忘れないでください。

私はそれを元に日本の郵便局へ事実確認を行いたいと思います。

連絡をお待ちしています。

これでバイヤーがダメージレポートを提出してくれる可能性は上がりますよ!事前な対策が重要なのでセラー側もできることをやっていきましょう。

 

商品破損時の補償申請の流れはここまでで大丈夫ですが、肝心なバイヤーへの返金タイミングについてはどうすれば良いでしょうか?

バイヤーへ返金をするタイミングはいつ?

バイヤーに返金をするのは自分が補償を受け取ってからがいいですが、なかなかそこまでバイヤーは待ってくれません。

それもそのはずバイヤーは欲しかった商品が破損している上に、書類の手続きもする必要があるので返金くらい先に受け取りたいと思うはずです。

 

まずはバイヤーにダメージレポートの提出が終われば迅速に返金ができる様にするという誠意を見せましょう。

待ってくれるバイヤーはそれでいいですが、待てないバイヤーに関してはダメージレポートさえしっかり提出できていればその時点で返金をするのがいいかなと思います。

 

僕も実際にこのパターンで先に返金したことが数回あります、何故ならバイヤーにケースオープンをされると強制返金の流れになるのでこの辺のリスクは仕方ないかなと思っているからですね。

 

長くなりましたがまとめていきます。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

商品破損によるトラブルは焦りますが、何よりもまずは落ち着いて状況確認から始めましょう!

 

ダメージレポートを提出できないと大赤字になってしまう可能性もあるので、特に慎重にバイヤーと連絡を取り合っていくことが理想ですね。

 

それでは本記事の復習になります。

まとめ
  • 破損した商品が届いても郵送事故での補償を受け取ることが可能
  • 手続きにはセラーとバイヤーの両方の書類提出が必要
  • バイヤーにはダメージレポートを提出させることが重要
  • 返金のタイミングはバイヤーの対応をみて判断する

対策としてはなるべく破損にならない様に、壊れやすい商品の発送は頑丈に梱包して発送しましょう!

 

他にもトラブルについての対応をまとめていますので、是非合わせてご確認ください。



最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
何か不明点やご相談があれば、LINE@もしくはお問い合わせよりご連絡ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さらに今ならLINE@の登録で無料サポートもついた3大プレゼントを取得できますので、良ければ登録をよろしくお願い致します。
おすすめの記事