【eBay輸出】ケースオープン?キャンセル?未払いバイヤーへの対応方法を徹底解説!

こんにちは!ゆうき(Twitter/@freebizlife) です。

 

 

せっかく売れたのにお金が支払われない!
どうしたらいいの…?

 

即時支払いの設定をしていないと、いたずら購入や支払い忘れなどで未払いになるパターンがどうしても増えていきますね。

 

 

そこで今回は現役輸出プレイヤーであるゆうきが未払いに対する適切な対応方法を解説していきます。

 

この記事を読むことで具体的には下記のメリットがあります。

 

この記事で得られるメリット一覧
  • 未払いバイヤーへの正しい対応方法を知ることができます。
  • 手数料返還の確認方法について分かります。

     

    eBayを通して困ったことの一つに未払いバイヤーが多いという点があります。

    特に高い利益率を設定して販売する暴利販売では未払いのケースが増える傾向にあるのが特徴ですね…。

     

    何度も繰り返すうちに未払い処理も事務的に対応できるようになりましたが、初心者はどのような対応をしていいのか悩むと思います。

     

    そんな対応方法についてを分かりやすく解説していきますので、是非最後までご一読をよろしくお願いします!

    未払い(UNPAID)とは?

     

    未払いとは、商品が売れたのに支払いがない状況のことをいいます。

    ちなみにSeller Hubの画面ではAwaiting paymentで未払いの商品を確認することができますね。

     

    eBay無在庫輸出の販売後の流れは

    商品が売れる → 支払いを確認 → 仕入れ → 発送

    となるので、バイヤーからの支払いがなければ仕入れもできません。

     

    商品が売れたと思った後の未払いは非常にショックですが、対応次第で支払いをしてくれるケースもあるため正しい手順を行うことが大切ですね。

     

    それでは未払いの対応方法を詳しく解説していきます!

    未払いバイヤーへの対応方法を徹底解説!

    手順はSeller Hubで解説していますので、管理画面を変更してない場合は下記の記事を参考にしてください。

    最初のステップからみていきましょう!

    1バイヤーに支払いの催促をする

    まずやる事としては、バイヤーに対して支払いの催促をします。単純に支払いを忘れていた場合でしたら催促をすることで支払いをして貰える確率が上がりますよ。

    • send invoiceから請求書を送る
    • contact buyerから直接メッセージを送る

    支払いの催促には以上2パターンの方法があるのでそれぞれ確認しておきましょう。

    send invoiceから請求書を送る

    Orders画面から該当商品を選んでActionsの▼から「Send invoice」を選択します。

    請求画面が表示されますので料金に問題がなければ請求書を送信してください。これによりバイヤーに請求書が通知されるのでお支払いをして貰えれば入金されます。

     

    次に直接メッセージを送る方法です。

    contact buyerから直接メッセージを送る

     Orders画面から該当商品を選んでActionsの▼から「Contact buyer」を選択します。

     メッセージフォームに支払いについて催促をする文章を入力したら「Send message」で送信してください。

    メッセージの例文も用意しましたので是非活用してくださいね!


    【支払いの催促の例文】

    Hello.

    Dear customer. I thank you for your purchase. I thank sincerely.
    Just to remind you, I haven’t received your payment, yet.
    Please pay within 2days after your puchase.

    Thank you.

    こんにちは。購入ありがとうございます。
    まだお支払いが済んでおりませんので、念のためご連絡させて頂きました。
    落札から2日以内にお支払いください。宜しくお願いします。

    以上2つが支払いを催促する方法となります。まず請求書を送ってみて反応がなければ直接メールをするのが良いかと思いますよ!
    催促をした後に支払いがあれば仕入れをして商品発送となりますが、キャンセルを依頼される場合もあるので、その時はキャンセルオーダーで取引をキャンセルしましょう。
    詳しい手順を解説していきます。

    2キャンセルオーダーで処理

    支払いの催促をした後にバイヤーからキャンセルしたい旨の連絡がきたら、キャンセルオーダー(Cancel Order)を行ってください。
    Orders画面から該当商品を選んでActionsの▼から「Cancel order」を選択します。

     キャンセル理由はバイヤーがキャンセル希望の「Buyer asked to cancel the order」を選んで、「Submit and relist with fees」で確定処理をします。

    以上の流れを行えば取引は無事にキャンセルされて落札手数料も全額返還されます。

    間違えてセラー都合の「在庫切れ」を選択すると、アカウントの悪化になるのでそこだけは注意をしてください。
    ただし、支払いの催促をしてキャンセルの要求もなかった場合は未払いのケースを開いて処理する必要がありますよ。
    では未払いのケース処理についての手順を解説します。

    3未払いケースのオープンとクローズ

    ケースオープンとは取引上の問題(クレーム)をeBayにケースとして提出することを言います。
    購入から連絡もなく未払いの場合は、Unpaid item case(未払い商品のケース)のオープンとクローズを必ずします。
    オープンとクローズは2つで1セットなので必ず両方やることを覚えておいてください。ケースクローズまでが完了した段階でその取引の落札手数料は返還されます。
    まずはケースオープンの方法についてです。

    ケースオープンの方法

    Unpaid item caseをオープンする条件は、購入/落札から丸2日間(48時間)経過していることで、最大32日目まで有効です。
    ※ 既にCancel orderをしてしまった取引についてはケースオープンはできません。

    Orders画面から該当商品を選んでActionsの▼から「Open unpaid item case」と進みます。

    「The buyer has not paid for the item」にチェックを入れてSubmitで確定をしましょう。

    これで未払いのケースオープンの処理は完了なので、あとは数日後に支払いがなければケースクローズと進みます。

      ケースクローズの方法

      Unpaid item caseをクローズする条件は、ケースオープンから4日間支払いがない場合です。
      つまりバイヤーには4日間の支払い猶予が与えられるので、その間で支払いがあるかどうかで仕入れをするかの判断が決まります。
      Ordersから「Cases」を選択します。
      該当するケースの「Take action」を選択します。
      「Receive fee credit」を選びます。
      支払いを受け取ったかどうかの項目をYesかNoにチェックをして「Close case」を選択します。

       

      ケースオープン後に支払いを受け取っていないのであれば必ずNoにチェックしましょう。

       

      以上がケースオープンとクローズの方法になります。

      これでFVF(落札手数料)は返還されますが、手数料の戻りを確認する方法もあるので合わせて紹介しておきますね。

      落札手数料の戻りを確認する方法

      キャンセルオーダーやケースクローズをした取引で、本当に落札手数料が返還されているのか不安になることはありませんか?
      取引数が増えてくるとどうしても手数料の確認は怠りがちだと思います。
      そこで下記の手順で手数料が返還されているかを確認することができます。
      My eBay > My Accountのページから「All account activity」に選択。
      「Item number」の項目に調べたい取引のItem numberを入力し、「Search」を選択。

       「Credits」の項目のTotalの金額を確認して、US $0.00になっていれば手数料は返還されています。

      この流れは覚えておくと色々な手数料の確認で便利になりますね!

       

      それではまとめに入ります。

      まとめ

      未払いの取引について最初は不安かもしれませんが、今回の流れを状況に応じて対応すれば問題はありません。

      最終的には未払い処理も外注化することで自分がやる必要もなくなりますね。

       

      まずは支払いの催促からはじめて、バイヤーの対応次第でキャンセルするかケースオープンするか見極めてください!

       

      未払いが増えてきたということは商品が売れている証拠ですので、前向きに考えて販売を加速させていくと利益も上がっていきますよ。

      ゆうき
      これでもう未払いは怖くない!
      よくあるトラブルで関税についてもまとめていますので合わせてご覧ください。


      最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
      何か不明点やご相談があれば、LINE@もしくはお問い合わせよりご連絡ください。

      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

      さらに今ならLINE@の登録で無料サポートもついた3大プレゼントを取得できますので、良ければ登録をよろしくお願い致します。
      おすすめの記事