【eBay】無料のリサーチツール「WUANTO」の効果的な使い方を徹底解説!

こんにちは!ゆうき(Twitter/@freebizlife) です。

 

リサーチを効率化したい!

 

リサーチを効率化するにはツールを活用していくのも一つの手段としてあります。

そこで今回はeBay歴も長い現役輸出プレイヤーであるゆうきがリサーチを効率化できるツールについて解説していきますよ。

 

この記事を読むことで具体的には下記のメリットがあります。

この記事で得られるメリット一覧
  • WUANTOの使い方を学ぶことができます。
  • 実践的なWUANTOのリサーチ方法を知ることができます。
  • 日々のリサーチが効率化されて利益が上がりやすくなります。
リサーチが面倒ならやることは一つです。
それは、リサーチツールのWUANTOを使いましょう。
「え?なにそれ?」と思いますが、WUANTOは早い話がリサーチツールです。
  • 多く入札された商品
  • 注目されている商品(ウォッチ数が多い商品)
  • 入札がなく終わりそうな商品
WUANTOではこういった検索機能を使うことができますよ。
はっきり言います、ウォッチの多い商品が無料で見れるのは結構やばいです…。
しかもスマホでも利用可能なので場所を選ばずにリサーチができますね!

ゆうき
使ってみたくなりませんか?

数あるリサーチツールの中でも、非常に役立つ実践的なツールなので是非使い方を覚えてくださいね!

リサーチツール「WUANTO」とは?

WUANTOは無料で使える海外のリサーチツールですが、その機能は有料級と言っても過言ではないです。

 

実際には下記の5種類の検索機能が使えます。

WUANTOの検索機能
  1. 最も注目された商品(Most Watched items)
  2. 最も入札の多い商品(Items with most bids)
  3. 入札が無く、もう少しで出品終了する商品(No bids / Ending Soon)
  4. 落札された商品(Sold items)
  5. 通常検索(Standard Search)

 

この中でも一番使える機能は、最も注目された商品(Most Watched items)ですね。

ウォッチが多い商品が見れるということはバイヤーの興味がある商品が分かるということ、つまり単純に人気商品が見つかります。

 

この機能ってテラピークやeBayのSold検索からだと分かりませんからね!

「本当に無料でいいの?」ってくらいの良質な機能です…。

 

あとはアメリカのebay.com以外にも、イギリスやドイツ、オーストラリアなど様々な国のeBayサイトも検索できます。

他国サイトのeBayでも販売している方にとってはサイトごとの切り替えができるので楽ですね。

 

もちろんスマホからでもパソコン同様に問題なく調べることができるので、副業プレイヤーの方は通勤時間などを活用してのリサーチができちゃいますよ。

 

それでは早速使い方をご紹介していきます!

リサーチツール「WUANTO」の使い方

まずは下のボタンを押してWUANTOのページを開いてください。

 

するとこんなページが開きますね!

赤枠で囲った部分で検索条件を指定していきます。

  1. サイトを選択(通常はアメリカ)
  2. 検索機能を選択
  3. カテゴリを選択
  4. 調べたいキーワードを入力

 

という感じで各項目ごとに自分が調べたい内容を選択していき、入力ができたらSearchボタンで検索開始です。

 

例えば、ebay.comでMost Watched itemsの検索条件からトイ・ホビーカテゴリをJapanというキーワードで検索したとすると、こちらの様に621,972件のウォッチがついた商品が表示されますね。

 

一点だけ注意していただきたいのは青枠で囲った販売国です。

WUANTOの検索では販売者の国を選べないので各国の販売者の商品が出てきてしまいます。そのためなるべく日本人セラーを探すためにJapanの様なキーワードをつけて検索するのが良いと思いますよ。

 

それでは最後に効果的なリサーチの方法を解説します。

「WUANTO」の効果的なリサーチ方法

WUANTOを使って売れる商品を見つけるには、やはり最も注目された商品(Most Watched items)の検索を使うのがいいですね。

そして、ウォッチが多い商品から派生をしていくことが重要です。

 

具体的にはウォッチが多い商品から

  1. キーワードをバラす
  2. eBayから調べ直す

という手順をやっていくと良いと思います。

 

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.キーワードをバラす

例えば193ウォッチ付いているこちらの商品のキーワードをバラしてみましょう。

 

「Very Rare JAPAN Pokemon Pocket Pikachu Nintendo Walker Game Pocket monster F/S」のタイトルから

  • Rare
  • Pokemon
  • Pikachu
  • Nintendo
  • monster

の様にバラしていくことで色々なキーワードに分解ができましたね!

 

ウォッチが多い商品のキーワードなので一つ一つの単語の期待値が高いというのが分かります。

 

そしたら今度はそれをeBayで再検索するとより効果的ですね。

2. eBayから調べ直す

先ほどのキーワード「monster」をeBayから調べ直すと5869件のSOLD商品が出てきました!

 

ここから価格差を探していくことでJapan検索と比較しても利益の取れやすい商品が出てきやすいです。

 

 

実際にリサーチしてみたところサクッと利益商品が見つかりましたw

 

[eBay販売額]

[仕入れ価格]

 

eBayで約105,000円で売れていてメルカリ仕入れで66,000円なので、なんとこれ一つで利益20,000円近くあります!

ゆうき
こんなに早く見つかるとは…。

 

たったこれだけでもリサーチの幅が広がってくるので是非一度やってみてください!

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回はウォッチの多い商品を参考にやっていきましたが、入札の多い商品を見ても参考になるかと思います。

普段のリサーチがワンパターンになっている方はツールを応用していくのがいいですね。

 

それでは本記事の復習です。

まとめ
  • WUANTOは5種類の検索機能を備えた無料のリサーチツール
  • ウォッチの多い商品を見ることで人気商品が分かります
  • ウォッチの多い商品から派生をするとリサーチの幅が広がります

 

効果的なリサーチツールは他にも沢山あるので、気になる方は下記の記事も合わせてチェックしてみてください。



最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
何か不明点やご相談があれば、LINE@もしくはお問い合わせよりご連絡ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さらに今ならLINE@の登録で無料サポートもついた3大プレゼントを取得できますので、良ければ登録をよろしくお願い致します。
おすすめの記事