【eBay輸出】リスクを回避!安全にバイヤーと直接取引をして利益を上げる方法

こんにちは!ゆうき(Twitter/@freebizlife) です。

 

直接取引ってどうなの?

 

eBayで販売を続けているとバイヤーから直接取引を提案されることもあると思います。

そこで今回は直接取引での経験も多い現役輸出プレイヤーであるゆうきが警告も貰わない正しい方法について解説していきますよ。

 

この記事を読むことで具体的には下記のメリットがあります。

この記事で得られるメリット一覧
  • 直接取引のメリットについて分かります。
  • 直接取引についてのルールが分かります。
  • 直接取引の正しいやり方を実践できます。
直接取引で商品を売ればeBay側の各種手数料を無視できるので、ぶっちゃけ利益は大きく飛躍します。
ただ、
「直接取引って違法じゃないの?」
「見つかったら警告を貰ってサスペンドにならない?」
この様な不安を感じている方もいるかと。
そこで結論としては、
正しい手順で直接取引をすれば問題はないです。

このやり方をマスターすれば月収1.5倍アップも夢ではないので、是非最後までご一読をよろしくお願いします!

直接取引のメリット

最初に直接取引のメリットについてを紹介しておきますと、何といっても手数料分が利益として上乗せされることですね!

落札後の手数料
  • 落札手数料(FVF)
  • Promoted Listingsの広告料(任意)

これらの手数料のうち落札手数料に関してはカテゴリにもよりますが販売額の約9%が発生します。さらにPromoted Listingsを設定していたら追加で手数料がかかるわけですね…。

例えば販売額1000$の高額商品であれば100$近くがeBayに徴収されるので手数料は本当バカにならないです。

 

しかし、直接取引にすればeBayを通さないので、手数料を免除できることで利益が増大しますよ。

 

今すぐ実践しようかな。

となる気持ちは分かりますが、事前にeBay側での直接取引についてのルールを知っておく必要があります。

 

ですので、まずはルールについて解説していきます。

eBayで直接取引は認められてる?

それでは気になるeBay側がバイヤーとの直接取引を認めているかどうかですが、
これについて答えは NO!!!
eBayは自社サイト外での取引を断じて禁じています。
そもそもeBayは手数料商売なので自分のプラットフォームで売買して貰えるからこそ利益が出せます。そのためeBay外での取引は迷惑行為と判断されて見つかった場合には警告がきますし、最悪の場合はサスペンドもありえます。
僕は最初、直接取引は認められているものだと思ってサイト内でバンバン交渉していましたw  その結果警告を3回ほど貰ったことがありましたね、当時は一週間の出品停止で済んだのですが、それ以上やっていたらアカウントのサスペンドもあったかもしれません。

ゆうき
危なかった…
しかし、その後僕は何度も直接取引をしています。
「え、どういうこと?」って思われた方もいると思いますので、ここから本記事の本題にいきましょう。

直接取引はできる!正しいやり方を紹介

直接取引はeBayのサイト上でやることは認められていません。しかし…

eBayのサイト外で交渉をすれば直接的に販売することはできます。

 

基本的には売れた商品に対して有効方法でして、手順はこの様になります。

  1. 商品が売れる
  2. オーダー画面で相手のメールアドレスを確認
  3. 直接取引の交渉をする
  4. 注文をキャンセル
  5. Paypalからの送金で再度購入して貰う

 

まず商品が売れたらオーダー画面を確認しましょう。

オーダー画面の「Buyer email/username」から購入してくれたバイヤーのメールアドレスが確認できるので、こちらのアドレスに次の例文を送ります。

 

Hello. My name is ○○○○. I am a ebay seller.
The reason why I send you an email is I want to suggest one thing.

Actually, I can offer you and sell this item with lower price.
If you cancel the transaction on the ebay and pay me through paypal, I would offer you $○○.
If you agree with my suggestion and cancel the transaction on the ebay, I will issue you a bill from paypal.

Thank you very much and best regards.

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんにちは、私はeBayセラーの〇〇〇〇です。
先ほどは商品の購入をありがとうございます。
突然あなたのアドレスにメールをしたのは一つ提案がしたかったからです。
実はこちらの商品をもう少し安く販売することができます。
もし一度eBayで取引をキャンセルしてPaypalから直接お支払いをしてくれるのなら、〇〇$に値下げして販売できます。
どうでしょうか?
もし納得いただけるならeBay側の取引をキャンセルしてPaypalから請求書を発行します。
ご連絡よろしくお願いします。

 

一度注文をキャンセルしてもらい、再度Paypalから請求書を送って支払いをしてもらいましょう!

 

注意点としては絶対に直接のメールアドレスで交渉をしてください、eBay内のメールでやり取りをすると警告が来ますからね。

交渉成立のポイントはeBayで購入してくれた時よりも安い価格を提示してあげるといいですね!少しでも安い価格で購入したいと思うバイヤーにとっては悪い話とは思いません。

 

売れる前の商品は交渉できないの?

 

販売前の商品については無理でないけど厳しいかなっていうのが現実です。

例えば僕は自分のアドレスを書いた画像をバイヤーに送って「ここに直接メールしてくれ!」って交渉したこともありましたが、

 

うん、バレましたw

 

てことで正しくやるなら相手のメールアドレスを取得できる販売後の交渉をするべきですね。

 

それではまとめです!

まとめ

直接取引ができれば利益的には大きくアップするので、1000$以上する様な高額商品は積極的に交渉するといいでしょう。

 

交渉は正しく行えば警告を貰うリスクもないので挑戦する価値は十分あると思います。まずは商品を販売して、バイヤーのアドレスに例文を参考にして交渉してみてくださいね!

 

直接取引をすることでリピーター化して利益が上がることだってありますし、本当にやらない手はないですよ。

 

他にも利益を上げる方法についてまとめていますので是非参考にしてください!



最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
何か不明点やご相談があれば、LINE@もしくはお問い合わせよりご連絡ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さらに今ならLINE@の登録で無料サポートもついた3大プレゼントを取得できますので、良ければ登録をよろしくお願い致します。
おすすめの記事