【eBay輸出】Send Offerで売上アップ!セラーから値下げ交渉ができるセンドオファーを徹底解説

こんにちは!ゆうき(Twitter/@freebizlife) です。

 

何か効果的な販売促進の方法はないの?

 

セラー側からバイヤーにアプローチする効果的な販売手法として、Send Offerをすることをオススメします。あまり聞き慣れない機能だと思いますので、今回は現役輸出プレイヤーであるゆうきが機能や条件について解説していきますね!

 

この記事を読むことで具体的には下記のメリットがあります。

この記事で得られるメリット一覧
  • バイヤーが商品にウォッチをつける理由が分かり、Send Offerの必要性が理解できます。
  • どのような商品にオファーを送るのが効果的か分かります。
  • Send Offerの機能と使い方を覚えて今日から実践できます。

 

2019年から実装された新機能としてWatchをつけているバイヤーに対してオファーを送ることができます。

 

皆さん知っていましたか?

実際にセラーの中でもこの機能を使っている方はまだまだ少ないですし、売上アップに効果的な手法の一つです!

 

そんなSend Offerについて初心者でも分かりやすいように丁寧に解説していきますので、是非最後までご一読をよろしくお願いします。

バイヤーはなぜ商品にWatchをするのか?

そもそもですが、僕たちは日頃ヤフオク・メルカリ・楽天ショップ・Amazonなどのプラットフォームで閲覧した商品をお気に入りにすることがあると思います。

当たり前にやっていることで深い意味を考えたことがないとは思いますが、一体なぜすぐに商品購入をせず一旦お気に入りにするのでしょうか?

 

eBayでバイヤーが私たちの商品にWatchをする理由も本質は同じなので、この行動の動機をまずは理解することが大切です。

 

例えば僕なら下記のような理由から商品にウォッチをつけます。

Watchをつける理由
  • 購入までは考えていないが興味がある
  • 購入を考えているが資金的に今すぐ買えない
  • 他の商品とまとめて少しでも安く購入したい
  • 価格を他のセラー(ショップ)の商品と比較したい

特に多い理由としては、購入意欲はあるけど価格に対して不満があるという点。

もう少し安ければ購入したいという思いから保留扱いにしてるということですね。その証拠にこのような値下げ交渉のメールは非常に沢山届きます!

 

つまりこちらがバイヤーに値下げ交渉をしてあげれば、売上げに繋がることは想像ができませんか?

前振りはここまでにして実際にSend Offerの機能や条件などについて内容をみていきましょう!

セラーからバイヤーに値下げ交渉ができるSend Offer

Best Offerを設定していれば安く購入したいバイヤーは値下げ交渉をしてきますが、人によっては値下げ交渉をすること自体面倒だと思っていることがあります。

そんな時にはこちらから積極的にバイヤーにSend Offerを送ってアプローチをしていきましょう!

Send Offerができる条件

Send Offerが使える条件としては、出品中のWatchがついている商品に限ります。

注意点としてはWatchがついている商品すべてにオファーを送れるわけではなく、あくまでもeBay側の判断基準によって表示された商品だけオファーを送れるようになっていますよ。

どういった商品に送るべきか?

Send Offerで成約しやすい商品としてはライバルが多い人気商品が良いでしょう。

販売額でライバルと戦う際に最安値を追い続けるのは大変なので、Send Offerを活用して最安値の金額を提示してあげるのがいいですね。

例えばWatchが複数ついている商品は需要も高い傾向にあるので効果的だと思います。

 

ではここから実際にSend Offerを送る手順について解説していきます。

Send Offerを送る方法

操作方法はSeller Hub画面からになりますので、まだの方は下記の記事を参考に変更しておいてください。

最初にSeller Hubの画面から「Listing」を選択します。
次にQuick filtersの欄から「Send offers-eligible」に進みます。Send offers-eligibleで選択できる商品だけがオファー可能な商品です。
Actionsの列からオファーをしたい商品の「Send offers」をクリックすると、その商品のオファー画面に進みます。
この場合は556件がオファーを送ることができる商品数になりますね。
※eBayの判断基準なので実際のWatch数と異なる場合があります。
続いてこららの画面でオファーの詳細設定ができます。
基本的にはPercentage offを選び、5%オフから設定するのがオススメです。
Offer messageにはウォッチャー全員に対してオファーをしていることを明記することで、心理的にバイヤーは焦って購入しやすくなりますよ。

【Offer Messageの例文】

This offer is being sent to all those who Watch. Stock is running low, so buy early.

このオファーはWatchした方全員にお送りしています。在庫が少なくなっていますので、お早めにお買い求めください。

カウンターオファーを許可することでバイヤーは価格交渉をすることが可能になります。

Automatically send offersは、商品をバイヤーがWatchやカートに追加した場合、自動でオファーが送信される設定となるのでこちらもチェックをしてくのがいいですね。

Send your couponでクーポンを添付することでオファーが承認された時か期限切れになった際に、次回以降の買い物で使えるクーポンがバイヤーに配布されます。
以上設定が完了したらSendで送信します。これでバイヤーの元にオファーが届く様になります。
オファーをバイヤーが受け入れたら交渉は成立します。
Send Offerは商品をまとめて選択することで一括送信できるので、全ての商品に5%オフから送信すると効果が出やすいです。
それでは最後にまとめていきたいと思います。

自分から優先してオファーをするべき

Send Offerは何回しても無料なので、オファーを沢山するほど商品の落札率が上がります。
eBayジャパンの調査では、ウォッチャーがセラーからオファーを受けた場合の購入率は統計で30%以上もあるそうです。実際に僕自身もSend offersによって商品が売れた経験は沢山あります。
攻めのプロモーションは貴重なので、積極的にアプローチして販売促進を狙っていきましょう!
他にも販売促進の機能は多くありますので併用していってください。


最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
何か不明点やご相談があれば、LINE@もしくはお問い合わせよりご連絡ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さらに今ならLINE@の登録で無料サポートもついた3大プレゼントを取得できますので、良ければ登録をよろしくお願い致します。
おすすめの記事