【eBay輸出】利益爆増の手法公開!セラーからバイヤーにSend Offer(逆オファー)を送る方法とは?

こんにちは!ゆうき(Twitter/@freebizlife) です。

 

何か効果的な販売促進の方法はないの?

 

セラー側からバイヤーにアプローチする効果的な販売手法として、Send Offer(逆オファー)をすることをオススメします。あまり聞き慣れない機能だと思いますので、今回は現役輸出プレイヤーであるゆうきが機能や条件について解説していきますね!

 

この記事を読むことで具体的には下記のメリットがあります。

この記事で得られるメリット一覧
  • バイヤーが商品にウォッチをつける理由が分かり、Send Offerの必要性が理解できます。
  • どのような商品にオファーを送るのが効果的か分かります。
  • Send Offerの機能と使い方を覚えて今日から実践できます。

 

2019年から実装された新機能としてウォッチをつけているバイヤーに対してオファーを送ることができます。

 

皆さん知っていましたか?

 

よく使うベストオファーの機能と違うのはセラー側からバイヤーにオファーができるので、これこそ逆オファーと言われる所以ですね。

実際にセラーの中でもこの機能を使っている方はまだまだ少ないですし、利益を伸ばす為には非常に効果的な手法の一つかと思います!

 

初心者でも分かりやすいように丁寧に解説していきますので是非最後までご一読をよろしくお願いします。

バイヤーはなぜ商品にウォッチをするのか?

そもそもですが、僕たちは日頃ヤフオク・メルカリ・楽天ショップ・Amazonなどのプラットフォームで閲覧した商品をお気に入りにすることがあると思います。

 

当たり前にやっていることで深い意味を考えたことがないとは思いますが、一体なぜすぐに商品購入をせず一旦お気に入りにするのでしょうか?

 

eBayでバイヤーが私たちの商品にウォッチをする理由も本質は同じなので、この行動の動機をまずはしっかり深堀することが大切です。

 

例えば僕なら下記のような理由から商品にウォッチをつけます。

ウォッチをつける理由
  • 購入までは考えていないが興味がある
  • 購入を考えているが資金的に今すぐ買えない
  • 他の商品とまとめて少しでも安く購入したい
  • 価格を他のセラー(ショップ)の商品と比較したい
  • ライバルとして監視をしている

この中でも特に多い理由としては、購入したいが価格に対して悩んでいることだと思います。

商品は欲しいけどもう少し安ければという思いから保留扱いにしてるということですね。その証拠に下の画像のような値下げ交渉のメールは非常に沢山届きます!

 

つまり価格面でこちらがバイヤーに値下げ交渉をしてあげれば、売上げに繋がるのは容易に想像ができますよね。

 

前振りはここまでにして実際にSend Offerの機能や条件などについて詳しい内容をみていきましょう!

セラーからバイヤーに値下げ交渉ができるSend Offer(逆オファー)

通常はBest Offerを設定していれば安く購入したバイヤーは値下げ交渉をしてきますが、人によっては値下げ交渉をすること自体面倒だと思っていることがあります。

そんな時にはこちらから積極的にバイヤーにSend Offerを送ってアプローチをしていきましょう!

Send Offerができる条件

Send Offerが使える条件としては、出品中のウォッチがついている商品に限ります。

注意点としてはウォッチがついている商品すべてにオファーを送れるわけではなく、あくまでもeBay側の判断基準によって表示された商品だけオファーを送れるようになっていますよ。

どういった商品に送るべきか

オファーを送るべき商品としてはライバルが多い人気商品が良いでしょう。

販売額でライバルと戦う際に最安値を追い続けるのは大変なので、Send Offerを活用して最安値の金額を提示してあげるのがいいですね。

例えばウォッチが複数ついている商品は需要も高い傾向にあるので効果的だと思います。

 

ではここから実際にSend Offerを送る手順について解説していきます。

Send Offer(逆オファー)を送る方法

操作方法はSeller Hubの画面からになりますので、下記の記事を参考に変更しておいてください。

最初にSeller Hubの画面から「Listing」を選択します。
次にQuick filtersの欄から「Send offers-eligible」に進みます。
Actionsの列からオファーをしたい商品の「Send offers」をクリックすると、その商品のオファー画面に進みます。
この場合は556件がオファーを送ることができる商品数になりますね。
※eBayの判断基準なので実際のウォッチ数と異なる場合があります。
オファーを送りたい金額とバイヤーへのメッセージを入力したら、「Send offers」で送信完了になります。

Point

    • 1商品につきセラーがオファーを送れるバイヤーの人数は最大40人となります。
    • セラーがオファーできる値引き率は5%が限度となっていますが、200ドルを超える商品についてはさまざまな値引き額を適用できるようになります。
    • カウンターオファーのオプションを有効にすれば、1件の価格交渉につきセラーとバイヤーの間でオファーとカウンターオファーを最大5回までやり取りできるようになります。
割引を適用した金額でオファーをしてバイヤーが受け入れをしてくれれば交渉は成立します。手順も簡単なので是非活用していくのが良いですね!
それでは最後にまとめていきたいと思います。

自分から優先してオファーをするべき

Send Offerは何回しても無料なので、オファーを沢山するほど商品の落札率が上がります。
eBayジャパンの調査では、ウォッチャーがセラーからオファーを受けた場合の購入率は統計で30%以上もあるそうです。実際に僕の生徒さんもSend offersによって利益が上がった方は多くいますよ!
ライバルの販売価格をチェックした上で積極的にアプローチして販売促進を狙っていきましょう。
他にも販売促進の機能は多くありますので併用していってください!


最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
何か不明点やご相談があれば、LINE@もしくはお問い合わせよりご連絡ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さらに今ならLINE@の登録で無料サポートもついた3大プレゼントを取得できますので、良ければ登録をよろしくお願い致します。
おすすめの記事