ebay輸出で売れない時はセールを使え!Markdown Managerの売れる使い方を解説

 

こんにちは!ゆうき(Twitter/@freebizlife) です。

 

「ウォッチはつくけど売れないなあ」

「価格が高すぎるのだろうか…」

「てか価格を変更するのが面倒くさい!」

こんなお悩みないでしょうか?

 

ゆうき
そんな方に朗報です!

 

商品価格が売れない原因だと悩んでいるなら、

セールを仕掛けると売れやすくなります。

 

実際に僕もセール設定を何度もしてきましたが、その効果は肌で感じるほどです!そこで今回はセール設定をするMarkdown Managerの使い方を解説していきます。

 

そこで本記事を読むことで下記のメリットがあります。

   この記事で分かること

  • セール機能(Markdown Manager)についてとメリットが分かる
  • セール機能(Markdown Manager)の設定方法が分かる
  • セール機能(Markdown Manager)の売れる使い方が分かる

セール設定は簡単かつ効果的に売上を伸ばす方法なので使っていない方は参考にしてくださいね!

セール機能(Markdown Manager)って何?

Markdown Managerとは、ebayでストア登録をしていれば使えるマーケティング機能の一つになります。

実際には自分が出品している商品にセールをかけることで〇〇%OFFといった割引表示ができますよ。

 

例えばリサーチをしていると画像のように赤文字でセールがかかった商品を見たことがありませんか?

これがいわゆるMarkdown Managerで割引を設定している商品ということになります!

 

しかもこの機能は無料で使えるんでストア登録しているセラーはお気軽に使えるってのがいいですね〜。

ゆうき
使いたい放題!

 

ではお次にMarkdown Managerの一般的なメリットを解説します。

意外と知らない?Markdown Managerのメリット

一般的にセールをかけることのメリットは2つあります。

バイヤーの購入心理を狙いつつ、上位表示も獲得しやすい

 

 

セールをかけた商品に関しては割引価格や割引率が表示されるので、同じ商品が並んでいる時にはお得感で差別化できます。

バイヤー
お!この商品安くなっている!買っちゃおうかな

みたいな心理になるわけですね〜、バイヤーの購入心理をうまくついた手法でもあるわけです。

さらにはセール商品はSEOも優先されるので検索結果の上位表示を狙える可能性もありますよ、これだけでもありがたい!

 

それではもう一つのメリットとは何でしょうか?

フォロワー全員にセールの通知が届く

これ僕全然知らなかったんですけど、セール設定をすると自分のアカウントをフォローしてくれているバイヤーに対して

「セールが始まったよ〜!」っていう通知がいくらしいです。

てことはフォワーが多ければ多いほどセールによって売上が上がるってことは期待できますね!

ゆうき
画像のアカウントの場合は1033人のバイヤーに
セール情報が一斉通知されることになります。

 

ではここから肝心のセールの設定方法についてを解説していきますね〜!

無料で簡単!Markdown Managerの設定方法

ではセールの設定方法についてを順を追って丁寧に解説していきます。

Seller Hub画面からの手順なので設定がまだの方は下記の記事から設定をしてください。

 

最初にSeller hubの画面を開きSelling toolsのMarkdown Managerを選択します。

次は画面右上のCreate a promotionのプルダウンからSale event + markdownを選択します。

 

Choose your discountの画面に変わったらセール割引の設定をします。パーセンテージか金額のどちらかで割引率を決めれますが、通常はパーセンテージで割引をかけていくのがいいかと思います。

一番下のチェック項目はセール対象商品の送料無料設定になるので、特に必要ない場合はチェックをしなくて良いですね。

 

続いて「Select items」と「Create rules using categories」のどちらかを選ぶ画面になります。

2つの項目の意味は下記の通りなのでどちらか好きな方を選択すればいいですよ〜。

  • Select items : 最大500商品までセールしたい商品を一つづつ設定可能
  • Create rules using categories : 最大10000商品までカテゴリ別などの条件で商品をまとめて設定可能

今回はSelect itemsを選んで解説をしていきます。

 

Item foundの商品一覧が出てくると思うのでセールをかけたい商品にチェックをいれていきます。商品は1ページ最大200商品まで表示できるので、まとめて設定する時に活用してください。

 

続いて自分が分かりやすいセール名とセールを実施する期間を選択します。

 

最後にどんなセールか分かるようなセール説明(日本語でも可)を入力しておけばOKです。

 

以上ができたら最後にLaunchをクリックして設定が完了になります。

ゆうき
お疲れ様です!

 

では最後に売れるセール設定の活用方法についてを解説していきますね〜!

Markdown Managerの売れる使い方を解説

商品が売れないって悩んでいる時はいろんな原因が考えられますが、

特に原因して多いのが 価格が適正でないこと!!!  かなって思います。

 

 

そこで価格を見直そう!ってなるわけですが、商品一個一個を修正していくのは至難の業ですよね?

それならいっそ自分が販売している商品にセールを打つことをオススメしますよ〜、最初は5%からでいいのでセールをかけて売上アップを狙いましょう。

 

意外とこれだけで商品の売れ行きは変わってくるのでリストの反応が悪い時は一度セールをかけてみましょう。実際にセールを打つことで売上を狙っているセラーも数多くいますので、そういったライバルを参考にしていくのが良いですね!

 

それとホリデーシーズンなどのイベント時期にもセールはバイヤーの購買意欲を高める施策になります、年末にセールで売上を伸ばせるように今のうちから出品数を上げていきましょう。

まとめ

 

いや〜長くなりましたが、これで皆さんもばっちりセールをすることができるのかなって思います。

 

僕なんかショッピングモールなどでセール品があるとついつい目がいってしまいます、でもこれってやっぱり今しか買えないお得感に心奪われるからですね。

バイヤーだって同じ気持ちだと思うので、やらない手はないと僕は思いますよ。

 

ちなみに一度かけたセールはいつでも終了することができるので、是非売上アップのためにまずは使ってみてください!



最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
何か不明点やご相談があれば、LINE@もしくはお問い合わせよりご連絡ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さらに今ならLINE@の登録で無料サポートもついた3大プレゼントを取得できますので、良ければ登録をよろしくお願い致します。
おすすめの記事