eBay輸出で稼げない人は広告を使え!Promoted Listings(プロモーテッドリスティング)の効果的な使い方と設定方法を解説

こんにちは!ゆうき(Twitter/@freebizlife) です。

 

なかなか商品が売れない…

 

eBayでどうしても売上が思う様に伸びない月はアカウントのSEOが下がっていることが多いです。SEOが下がることで出品商品の露出が減り売上げが下がるという仕組みです。

 

そこで今回は現役輸出プレイヤーであるゆうきが、一番簡単に商品の露出を伸ばす方法について解説していきますね。

 

この記事を読むことで具体的には下記のメリットがあります。

この記事で得られるメリット一覧
  • Promoted listings(広告)の重要性を理解できます。
  • Promoted listingsの効果的な使い方が分かります。
  • Promoted listingsの設定方法を知って今日から実践できます。

 

結論として商品の検索順位を上げたいのなら

広告を使え!
ということです。
eBayではPromoted listings(プロモーテッドリスティング)という成果報酬型の広告機能がありますので、広告を使えば商品の露出度を上げて結果的に商品が売れやすくなります。

実際にPromoted listingsを使うと、最大で露出度が30%上がるというデータもeBayの公式データで発表されていますよ。

 

それでは広告機能についてあまり知らない方の為にもPromoted listingsの効果的な使い方と設定方法をご紹介していきます。

 

サクッと読み進めていけますので最後までご一読をよろしくお願いします!

Promoted listings
成果報酬型の広告機能のこと

 

現在出品している商品全てにPromoted listings使うことで、検索結果で上位表示されやすくなりクリック率が上がり商品が売れやすくなります。

ブログもSEOが上がらないと検索結果に埋もれて読者に記事を読まれることがない様に、出品して販売している商品もクリックして貰わない限りは購入に至りません。

 

広告費は商品価格の1〜20%までセラーが自由に設定でき、掛け率が多い分だけ商品の露出度が高まります。実際に商品が落札されなければ手数料をとられることがないので、Promoted listingsを設定したからといって必ず費用が発生するわけではないですよ。

 

例えば販売額が1000$の商品に5%の広告費を設定したとすると、購入された場合に50$(1000$ × 5%)の広告費が発生といった感じです。

 

ゆうき
なるほど、それなら安心だね!

Promoted listingsの使用条件は以下の3つです。

Promoted listingsの使用条件
  • eBayのストア登録をしている
  • 販売での評価が最低1つ以上ある
  • 販売実績が一点基準以上満たしている

これらの基準を満たしている必要があります。

特に初期アカウントである程度の販売実績がないと使用できないことが多いので、まずは販売実績から積んでいくことが大切です。
一向に機能が使えない場合にはセラーポータルからeBayに一度問い合わせをしましょう!
それでは実際に効果的な使い方についても解説します。

特にこの機能の強みは同じ商品のライバルが多くいる際に効果を最大限発揮します。

こういった需要があるトレンド商品を出品するとライバルってすぐに湧いてきます。そんな時に広告機能を使えば上位表示されるので、最安値でなくても意外と商品は売れます。

 

海外のバイヤーさんて日本人のように最安値を探す癖があまりないので、一番初めに目についた商品を購入する方が多いです。あなたも最安値でないのに売れた経験とかないでしょうか?

 

つまりeBayでは商品が検索において上位表示されることが販売をする上で非常に重要なのですね!

 

逆に考えるとライバルがいないなら上位表示を狙う必要がないので、あなたしか販売していない在庫商品や一点物はあまり広告費をかける必要はないかなとも思います。

それではPromoted listingsの具体的な設定方法を解説しますよ。

まずはSeller Hub画面からMarketing メニューにあるPromotionsへと進みます。

 

または下記のボタンリンクにアクセスして、「Try It Now」をクリックすることでも設定ができます。

 

Marketingページに飛んだらDashboardに進みます。

画面右上のCreate a new campaignをクリックしましょう

 

続いて設定画面から選択肢が出てきます。

  • Simple listing selection --- 個別で商品を選択する手動設定
  • Bulk listing selection ---カテゴリで商品を一括選択する手動設定
  • Creating rules --- 現在および将来の商品をカテゴリで一括選択する自動設定

 

この中で自動設定ができるCreating rulesを選択しましょう。

これによって現在または今後出品していく商品に対しても、設定期間中自動的に広告レートが適用されるので設定の手間が省けて非常に楽です!

細かい条件設定については全商品にプロモーションしたいので、価格帯や状態は絞らずにAll Categolyですべての商品を選択して適用します。

Apply single ad rateが一律の固定レートになるので、こちらを選択して設定しましょう。

Automate suggested ad ratesは、自分が決めた範囲内で推奨広告率を自動化することができますが特に使用しなくて大丈夫です。

設定ができたらLaunchに進みプロモーションが開始されます。

 

個別で設定する場合にはどうするの?

ゆうき
個別の方法も紹介しておきます!

 

Promoted Listings を設定する商品を選択して、画面の右下にあるSet ad rateに進みます。

Point

画面左側のカテゴリや値段などの条件指定をして商品を絞り込むことも可能です。
次にスライダから広告レートを決めて画面の右下にあるReviewに進みます。

最後にPromoted Listingsに名前と設定期間を入力して、画面の右下にあるLaunchをクリックすると設定は完了です。
名前は"日付とパーセンテージ"を記入すると管理しやすいと思います。
以上がプロモーション設定の方法となります。

Promoted Listingsを設定した後はダッシュボードの画面から広告の表示回数やクリック数などの細かなデータを見ることが出来ます。データを検証することで商品の露出の効果をしっかり把握することができますよ。

 

例えば広告率を週ごと変更して比較すると、具体的に表示回数がどの様に変化するのか分かりやすいです。ダッシュボードの項目については下記を参照してください。

ダッシュボード画面

「項目説明」

  • Impression ……広告流入の表示回数
  • Clicks …… 広告流入のクリック回数
  • Sold …… クリックされた内の成約数
  • Sales ……クリックされた内の販売合計額(返品・キャンセル含む)
  • CTR ……広告流入のクリック率(Clicks / Impression)
  • Sales conversion rate ……広告流入の成約率(Sold / Clicks)
  • Average sold ad rate ……平均広告率(Ad fees / Sales)
  • Ad fees ……広告料金

安定した販売状況の目安としては、Sales conversion rateが過去30日間で最低0.5%以上をキープできているのが理想だと思います。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

Promoted Listingsを使用することで商品の露出度が上がり成約に繋がります。

 

ただし広告の掛け率を上げるほど露出も増えますが、インプレッションを操作しすぎると逆に評価が下がり成約されづらくなります。

まずは全商品一律で1%の設定からでいいので、設定後にどのくらい表示回数に変化があるのかを検証してみましょう。

 

広告で売るという考え方は皆さんあまり実感がないかと思いますが、マーケティング戦略も非常に重要です。最近のセラーアップデートで出品期間がGTCのみになるなど、あまり差別化できるポイントが減ってきていますので広告による差別化は必須ですね!

 

Promoted Listingsを設定していない方は今日から是非試してみましょう。

 

他にも効果的な販売促進の方法をご紹介していますので合わせてご覧ください。



最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
何か不明点やご相談があれば、LINE@もしくはお問い合わせよりご連絡ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さらに今ならLINE@の登録で無料サポートもついた3大プレゼントを取得できますので、良ければ登録をよろしくお願い致します。
おすすめの記事